重要な注意点:以下の各段階は、他の惑星で文明を営んでいる「エロヒム」が、この地球上へ正式にやって来るまでのおもなステップと、その各ステップで提案されている時間枠を、目安として記したものです。

2019 - 2022

外交イニシアチブ

「宇宙人大使館に関する選択議定書」について協議を行うため、国際会議を取り仕切るホスト国を見つける。

Download E4ET Protocol re Embassies for ET 2015

2022 - 2025

建設立地分析

ET大使館の議定書に署名し、良好な関係を構築した国々と共に、ET大使館プロジェクトに適した候補地の確認を実施。

2025 - 2027

用地取得

望ましい用地を見極めて取得。敷地外に位置する主要なインフラ施設に関する同意とともに、国際ラエリアン・ムーブメントへ移転。ET大使館プロジェクトの法的側面を完成させる。

2027 - 2030

設計&施工

マスタープラン、建築&土木設計、許認可、委任契約を実施。複合施設からなるET大使館を建設し、併せて二分の一縮尺の大使館レプリカも設置して一般公開される予定。

2030年から大使館の運用を暫定的に始め、我々の父であるエロヒムの宇宙からの帰還を待つ。